旭川の歯科ならアステック歯科

旭川市1条通10丁目左1号

診療時間 (火~金曜)9:00~18:00(最終受付17:00)
     (土曜) 9:00~17:00(最終受付16:30)
昼休み 13~14:30  休診日 日曜・月曜・祝日

インターネット予約24時間オンラインでご予約可能

0166-25-8204

全身歯科

毛髪重金属ミネラル検査とは

  • アトピーなどの皮膚炎、また原因不明の症状で悩んでいる
  • 糖尿病、肥満、高血圧などの生活習慣病を防ぎたい
  • 自分の身体に合ったサプリメントを知りたい
  • 出産、または妊娠を考えている
  • アンチエイジング(抵加齢)を施したい
  • 子供の精神的な不調(注意力の欠如、突然キレる、落ち着きがない、自閉気味)に悩んでいる

毛髪検査について

毛髪検査は、根本の毛髪を数か所から切っていき、提出するだけの診査ですので、体内に蓄積されている有害ミネラルを簡単に調べられることができます。 過去3〜6ヶ月の間に、どのような有害ミネラルが蓄積されたのかを知るのに有効な検査方法です。 検査結果は、2週間ほどでわかります。

有毒な金属&必要素:毛

有毒な金属
検出量(μg/g) 基準値 百分位数(パーセンタイル)
  68th               95th
Al アルミニウム 1.3 <7.0    
Sb アンチモン 0.027 <0.066    
As ヒ素 0.046 <0.080    
Ba バリウム 0.87 <1.0    
Be ベリリウム <0.01 <0.020    
Bi ビスマス 0.012 <2.0    
Cd カドミウム 0.011 <0.065    
Pb 鉛 0.66 <0.80    
Hg 水銀 6.0 <0.80
Pt プラチナ <0.003 <0.005    
Tl タリウム 0.002 <0.002    
Th トリウム <0.001 <0.002    
U  ウラン 0.001 <0.060    
Ni ニッケル 0.20 <0.20    
Ag 銀 0.09 <0.08  
Sn スズ 0.13 <0.30    
Ti チタン 0.48 <0.60    
有害中金属 総量 負荷度
必要素
検出量(μg/g) 基準値 百分位数(パーセンタイル)
   2.5th     16th      50th      84th    97.5th  
Ca カルシウム 801 200 - 750        
Mg マグネシウム 57 25 - 75        
Na ナトリウム 130 20 - 180        
K  カリウム 80 9 - 80        
Cu 銅 12 11 - 30          
Zn 亜鉛 160 130 - 200            
Mn マンガン 0.18 0.08 - 0.50          
Cr クロム 0.49 0.40 - 0.70          
V バナジウム 0.035 0.018 - 0.065          
Mo モリブデン 0.043 0.025 - 0.060          
B  ホウ素 3.0 0.40 - 3.0          
I  ヨウ素 1.6 0.25 - 1.8          
Li リチウム 0.004 0.007 - 0.020    
P  リン 215 150 - 220          
Se セレン 0.80 0.70 - 1.2          
Sr ストロンチウム 2.2 0.30 - 3.5          
S  イオウ 45000 44000 - 50000          
Co コバルト 0.007 0.004 - 0.020            
Fe 鉄 5.8 7.0 - 16        
Ge ゲルマニウム 0.022 0.030 - 0.040    
Rb ルビジウム 0.12 0.011 - 0.12          
Zr ジルコニウム 0.014 0.020 - 0.44        

有害重金属について

一般的な日常生活を送っていても、有害なミネラル物質は、体の中に確実に溜まっていきます。一番神経毒性が高いと言われる水銀をはじめ、鉛、カドミウム、アルミニウム、ヒ素などの有害重金属が蓄積される原因は、食生活や生活習慣、歯科治療に使われた材料、大気汚染や土壌汚染などの環境問題など様々です。
以前はイタイイタイ病や水俣病の様に、人為的な公害が原因でしたが、近年では身近な問題となっています。重金属がもたらす悪影響は様々ですが、知らないうちに蓄積されるもので、自覚することは困難といえます。自分に、どのくらいの有害ミネラルが蓄積されているのかを知るためにも、検査は必須です。

主な有害重金属
有害ミネラル 対抗する必須ミネラル
汚染源 過剰蓄積による疾病・症状 主な排泄養素
鉛(Pb) 喫煙・鉛管による水道水・殺虫剤 貧血、不安感、めまい、骨や筋肉の痛み、頭痛、脳発達遅延(胎児・小児) カルシウム、亜鉛、鉄
水銀(Hg) 魚介類、歯科用アマルガム(歯の詰め物)、乾電池 うつ状態、皮膚炎、眠気、しびれ、情緒不安定 セレニウム、亜鉛
カドミウム(Cd) 喫煙、生活排煙(ゴム、プラスチック製品) 腎臓障害、骨粗鬆症、骨軟化症、貧血、脱毛、食欲不振、疲労、血圧上昇、神経過敏 亜鉛
ヒ素(As) 防腐剤(木材)、肉類、殺虫剤、穀物類 色素沈殿、皮膚ガン、疲労、手足の灼熱感、胃腸障害 セレニウム
アルミニウム(Al) アルミ容器、乾燥剤、膨らし粉、野菜類 腎臓障害、食欲不振、息切れ、筋肉痛、胃腸障害 マグネシウム、鉄
ベリリウム(Be) 肉類の加工食品、半導体、プラスチック金属 呼吸器障害、皮膚障害 セレニウム

歯科金属を使用しないアレルギーフリーの治療“メタルフリー治療”

Copyright (C) 2016 アステック歯科 All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ