旭川の歯科ならアステック歯科

旭川市1条通10丁目左1号

診療時間 (火~金曜)9:00~18:00(最終受付17:00)
     (土曜) 9:00~17:00(最終受付16:30)
昼休み 13~14:30  休診日 日曜・月曜・祝日

インターネット予約24時間オンラインでご予約可能

0166-25-8204

審美歯科

審美歯科について

「美しさ」だけでなく「機能性」を重視した治療を。

「歯の色」「すきっ歯」「歯並び」「歯茎の色」など、人それぞれにお口のお悩みがあります。

審美歯科治療では、これらを審美的に解決していくわけですが、アステック歯科では、見た目を優先するあまり、機能面を犠牲にするような治療は、基本的には行っていません。あくまで「機能面」がしっかりとしていて「美しい」ことが、「機能美=真の美しさ」なのだと考えています。また、同時に金属アレルギーの心配がない“メタルフリー治療”も選択できます。

STEP 1 「審美歯科治療」は「保険適用外」の治療です

日本の保険制度は、国民皆保険制度ともいわれ、国民全員が等しく医療を受けることができる世界的に見ても優れた制度です。
ただ、保険適用の歯科治療は「最低限の治療を受けられるように」といったものであるため、使われる材料や治療方法は数十年前から大きく変わっていません。「自分の歯と見分けがつかないくらい自然な歯にしたい」「すきっ歯をととのえたい」「銀歯を白いセラミックにしたい」などという「美しさ」を追求する審美歯科治療は、保険適用外となり、全額自己負担の治療です。

以下は、保険適用の治療と、保険適用外の治療の違いの一例です。

保険治療ではレジン(プラスチック)や銀歯(金属)が使用されます

● レジン(プラスチック)
その材質の性質として、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間の経過によって、黄ばんできたり、劣化してしまいます。
● 銀歯(金属)
どうしても見た目が目立ってしまうことと、やはり金属(合金)であるため、口内という劣悪な環境の中でイオン化・溶出し、体内に取り込まれていきますので、人によっては金属アレルギーなどになる場合もあります。

決して保険が悪いということではなく、全国民がむし歯などで詰め物ができるように、国が医療費の多くを負担する保険制度の中で、保険適用の詰め物に金などの材料を使用していては、財政的に破たんしてしまいますから、やはり最低限の治療であるということを理解する必要があります。

保険適用外の審美歯科治療では、“セラミック”などが使用されます

● セラミック(瀬戸物の様な材質)
自然な白さで、非常に美しい仕上がりが期待でき、劣化もしないという特徴があります。

STEP 2 まずは「歯周病」をしっかり「治療」します

どの歯科治療であっても、歯周病治療は大切な治療となります。 しかし、審美歯科治療では「美」を追求する治療として、歯周病治療を軽視されてしまうケースも少なくないように思います。歯周病は「歯の土台となる歯槽骨」がとかされてしまう(骨吸収)病気で、最終的には歯が抜けてしまいます。また、歯肉が赤く腫れたり、歯並びも崩壊したり、審美面が悪くなってしまいます。

この歯周病のままで、白いセラミックなどの詰め物や被せ物をしても、せっかくの治療も数年後には台無しになってしまうかもしれません。歯周病のままで、その場限りの詰め物や被せ物をしても、土台となっている歯ごと抜け落ちてしまう運命になるリスクは残ってしまいます。歯だけがキレイで、歯肉は病気ということでは決して良いとは言えないのです。

審美歯科においては、歯だけでなく、歯茎や歯並びなどが健康で、なおかつ機能面もしっかり健康的に機能して、はじめて美しいと言えると考えます。アステック歯科では、歯周病の治療を「初期治療」として徹底し、「本当の意味で“健康的”&“機能的”な美しいお口」を目指すことを第一としております。

STEP 3 身体にやさしい「メタルフリー治療」も

保険適用の治療で使用される、銀歯(金属)には、「アマルガム(水銀化合物)」や「金銀パラジウム合金(金・銀・銅の合金)」などがありますが、見た目に違和感があるだけではなく、口内という過酷な環境の中で、金属がイオン化・溶出することで体内に取り込まれ、身体に悪影響を及ぼすことがあることがわかってきています。

また、神経を取った歯には「コア」とよばれる土台を差すのですが、この土台の部分も、その多くが金属です。金属の土台は、イオン化・溶出だけでなく、歯の根の部分の破折にも結び付きやすいという性質があります。

金属イオンが身体に及ぼす影響は人によってまちまちですが、時には金属アレルギーにより掌蹠膿疱症などの病気になる場合があります。
また、金属イオンが歯ぐきに沈着することにより、歯ぐきの黒ずみや、歯と歯ぐきの境目に黒い線ができてしまうブラックマージンも金属イオンの弊害の一つです。そのような背景もあってか、最近では、金属アレルギーなどの心配のない、メタルフリー治療(金属を使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えてきています。

STEP 4 審美歯科治療の種類

詰め物や被せ物などの種類について

詰め物や被せ物の種類には、「充填(ハイブリッドレジン)」「詰め物(インレー)」「被せ物(クラウン)」「土台(コア)」などがあります。

充填(ハイブリッドレジン)

ハイブリッドレジンは、レジンとフィラーという成分が混合されて出来ています。フィラーとは、シリカ(ガラス)やジルコニア、セラミックなどの粒子のことで、レジンの強度や審美性を高めるために混合され ています。歯型を取って、出来上がったものを詰める銀歯などとは違い、ハイブリッドレジンは歯に直接塗布をするため歯との接着性も良いため、詰め物と歯の間に伱間ができて、詰め物の下にむし歯が発生してしまうという問題はまずありません。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を0.5mm程削り、 そこにネイルチップのような薄い人工歯を貼り付ける治療方法です。
歯の形が悪い、歯の色が悪い、すきっ歯を治したいなどのご要望にお応えできる治療法です。
歯を削る量が少なく、治療回数も少なくてすみ、麻酔が不要なので痛みもありません。

詰め物(インレー)

インレーは、むし歯を削った後の穴を埋めるために詰めるもので、「詰め物」と言われています。インレーはむし歯を削った際の「小さい穴」を塞ぐために使うものです。インレーが削った穴を塞ぐだけでなく、再びむし歯になるのを防いでくれます。

被せ物(クラウン)

クラウンは、むし歯を削った後に被せる人工の歯のことで、「差し歯」や「被せ物」と言われています。比較的小さなむし歯の場合はインレー(詰め物)による治療を行いますが、大きなむし歯や根管治療(神経を取る)をした後は、詰め物ではなくクラウン(被せ物)による治療となります。

土台(コア)

コアとは、クラウン(被せ物)を被せるための土台に当たります。この部分が歯の中に差し込まれるカタチになるので「差し歯」の由来となっています。神経を失った歯は脆くなってしまうので、コアと呼ばれる土台を差し込み、補強した上で、被せ物をします。また、神経がなくなると、神経が通っていた部分は空洞になるため、また細菌感染が起こらないよう、樹脂とコアで密閉することで、二次感染を防ぐという効果も担っています。

Copyright (C) 2016 アステック歯科 All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ