歯ぎしり外来

歯ぎしり外来

歯ぎしりとは

歯ぎしりは「ブラキシズム」と呼ばれ、歯が削れてしまったり、割れてしまったり(破折)、歯を支える骨を退縮させてしまったり、歯の根を露出させてしまったりします。

そして歯周病を悪化させるリスクもあります。
さらに顎関節症や無呼吸症候群の原因にもなります。たった一晩の歯ぎしりが、一生分の咀嚼に匹敵するくらい、歯やあごにダメージを与えることもあ るとも言われています。

歯ぎしりの特徴

睡眠時に起こるため、歯ぎしりに気がつかない人が多く、他人に言われてはじめて気づいたりします。また、噛み締めるだけで、特にギリギリという音 はでない、“くいしばり”のような歯ぎしりも多く、様々な種類があります。

  • ・顎を左右に大きく動かすグラィンディング
  • ・顎を垂直的に動かすタッピング
  • ・力が入るところで咬み込みを繰り返すクレンチング
  • ・顎をずらした位置で左右に動かすナッシング

歯ぎしりの二次障害

もうひとつ歯ぎしり・くいしばりの怖いところは二次障害が起きることです。
耳鳴り、睡眠障害、自律神経失調症など身体に関する障害があげられます。特に歯ぎしりは睡眠時無呼吸症候群との関連の深さが指摘されています。

歯ぎしりの原因・治療・防止

歯ぎしりの原因
中枢性のストレスに対する生体の反応や、噛み合わせなどにより顎の筋肉の緊張のアンバランスなどや重金属蓄積・血統コントロール異常・自律神経・ミネラル不足(特にマグネシウム)も影響していると考えられています。
歯ぎしりの治療
歯ぎしりの原因となる噛み合わせの修正などを行います。
破折などの防止
マウスピースなどを使用して、歯や顎の負担を緩和します。