院内・設備

院内について

受付

待合室

カウンセリングルーム

診療室について

診療室

歯科用ユニットについて

診療用のチェアーは長時間座っていても疲れにくい「Kavo 歯科用ユニット」を導入しており、治療の状況などはモニターを使いながら説明可能です。

衛生面に優れた水消毒システムの搭載したKavoでは、治療に使用する水は水道水を更に消毒した水を使用し、配管内での細菌の繁殖や、バイオフィルムの形成を押さえる院内感染対策のひとつとなっています。

KAVO歯科用ユニット

過酸化水素水による自動常時水消毒システム / 集中水消毒システム完備ユニット

水質管理基準が厳しいドイツで誕生したKaVoユニットには、安全なユニット水を提供するための機能が装備されています。

リンス機能
毎朝使用前、ユニット内に滞留している水を自動的に排出します。
常時水消毒機能
スピットンのすすぎ水、タービンやコントラなどインスツルメントの注水に流れる水に、低濃度の過酸化水素水が常時使用される機能があります。
集中水消毒機能
週一度の休診前には、高濃度の過酸化水素水を水路管内に30分間滞留させて集中処理する機能があります。

KaVoユニットでは、過酸化水素水の濃度調整は自動的に行われ、また集中水消毒もホースをセットしボタンを押すだけで行えます。
このように自動の機能が充実しているため、ユニットにおける感染管理対策作業の簡易化、同時に、感染管理対策の標準化をも実現しているといえます。

水消毒システムにより水路を衛生的に保ちます。

タービンエンジン・ハンドピース の滅菌について

当医院ではウィルス性肝炎やエイズ等の感染予防に力をいれております。患者様のお口に入れるものは可能な限り、ディスポーザブル製品(使い捨て)を使用し、使い捨てが不可能な機械、器具類は最新の滅菌装置により病原微生物を完全滅菌しています。
また、高温加圧滅菌装置が使えない器具類は超音波洗浄器、ガス殺菌器(ホルホープデンタル)やアルコール等の薬液にて消毒を行っています。ディスポーザブル製品は患者様毎に使い捨て、機械器具類は滅菌パックを使用し使用直前まで無菌状態を保ちます。

KAVOクアトロケアー

クアトロケアーは、回転切削器具の、内部洗浄と注油のための装置です。
通常は、人がハンドスプレーで注油を行いますが、異物がハンドピース内に残る可能性が高いのが実情です。
クワトロケアーを使用すれば、誰でも高レベルで同じ洗浄効果を得ることができます。ハンドピース滅菌前には、欠かせない洗浄機器です。

KAVOステリマスター

ステリマスターは、歯を削る器具やバーなどの切削器具を滅菌する機材です。 短時間で滅菌できるため少量の器具であっても素早く滅菌することが可能です。

ケミクレーブ

特殊なアルコール蒸気による高温・高圧滅菌器です。強力な殺菌効果でウィルスや細菌を根こそぎ退治してくれます。

滅菌パック

機械器具類(滅菌パックで無菌状態を保つ)

その他の設備について

デジタルパノラマレントゲン

「パノラマX線装置NPX8800シリーズ Cypher E」

Cypher Eは、鮮明な画像の提供、優れた操作性などの基本性能に加え、人と環境に「優しい機能」を持ち合わせています。
例えば、位置付けビームを患者様に合わせるだけで、装置が連動して動きます。患者様に負担をかけないスムーズな撮影が可能です。そして撮影後は、デジタルX線画像処理システムによりリアルタイムにチェアサイドのPCモニターへ患者様の画像が表示されます。
さらにソフトウェアによる多彩な画像処理機能は、歯科診療に必要な診断情報を提供し、高度な歯科診療、治療の正確な方向づけ、患者様との良好なインフォームド・コンセントの質の向上をサポートします。

ジーシーナノレーザーGL-Ⅲ

歯科用レーザーを導入しています。歯周病、歯肉の切開、歯茎の黒ずみ除去、口内炎、根の治療などに使い分けています。処置が簡単、ほとんど痛みのない治療が可能、治療効果が現れるのが早く、局所麻酔をほとんど使用しないで治療を行うことが可能などのメリットがあります。

フリーアーム・フォルテS

歯を削ったり、入れ歯や仮歯を削ったり、診療室には多くの塵が蔓延しています。
フリーアーム(ユニット脇に添える歯科用粉塵吸引機)を導入し、歯を削ったりするような塵が出る処置の際はそれを使用して、クリーンな空気環境に努めております。

位相差顕微鏡(オリンパス製)

位相差顕微鏡では、鮮明に、生きたままの口腔内の細菌を、患者様自身が観察できます。また、パソコンに取り込むことによって口腔内映像や写真を、患者様に説明することができますので、より、しっかりとしたインフォームドコンセント(患者様への説明と同意を得る事)を円滑にして、理解を深める事が出来ます。
口腔内細菌の観察をはじめ、明視野観察・赤血球観察に適した暗視野観察が行えるので、患者様は、ご自身に関する事実を、様々な角度から知ることができます。リアルタイムで見る事ができるので、直接ご質問がいただけ、詳しい説明をする事もできます。歯周病治療・予防に威力を発揮する機器です。

SKY-10ES

ロシアの宇宙飛行士の健康管理のために開発され、その後ヨーロッパやアメリカで医療機器として認可されています。額に2つのパットを貼り、両手両足を金属プレートに置き、そのままわずか5分。身体全体の状態を体脂肪計のような簡易さで測定します。高次元人間ドックとして全身の健康状態をスキャンします。

オリゴスキャン

オリゴスキャンは、体内の有害重金属と必須&参考ミネラルを短時間測定できます。手のひらを吸光光度法によりスキャンする事で、組織や血管壁に沈着している有害重金属14元素と必須ミネラル+参考ミネラル20元素を非侵襲・迅速に測定する画期的なシステムです。

手のひらをスキャンした情報は即座にインターネット経由で、高度なセキュリティー保護された開発元のデータベースへ送信・解析され、わずか数分で測定結果がレポートとなって届きます。

わずか数分で測定結果が得られるため、結果を待たせません。

KaVoについて

1891年、ロバート&ジョン カーが、米国ミシガン州に世界初のガス・ポーセレンファーネスを開発し、Kerrの前身となるThe Detroit Dental Manufacturing Companyを設立。歯内療法でグローバルスタンダードとなっているKファイル(「K」はKerrの名前に由来)を発売しました。(Kerr)その後、1909年、アロイス・カルテンバッハがベルリンにKaVoを設立。デンタル分野のマーケットリーダーとなりました。1928年には、世界で初めて滅菌可能なハンドピースを発売。KaVoは100年以上の歴史があり、革新的な技術開発と、優れた歯科製品のメーカーとして、その地位を確立しています。
アステック歯科では、この信頼と実績のKaVoの医療機器も採用しています。

カボデンタルシステムズジャパン株式会社より引用