レーザー治療

レーザー治療について

痛みの緩和や麻酔効果。

知覚過敏、顎関節症、外科処置後、口内炎、義歯による潰瘍など様々な種類の痛みに有効です。麻酔の針を刺す時の痛みを和らげる事が可能です。

むし歯予や初期のむし歯に。

エナメル質にレーザーを用いると、エナメル質の結晶構造が変化して耐酸性が増加します。初期のむし歯にレーザーを用いると、むし歯の進行を抑制し、再石灰化を促進します。レーザー照射後にフッ素を適用すると、フッ素の歯質への取り込み効果が高まります。

根管治療や歯周病治療に。

根管治療で、従来の治療法に加えさらに治療効果を高める為に使用します。歯周病治療の際、歯石や感染セメント質の除去 、歯周ポケット内の細菌に対する消毒・殺菌など。

歯肉切除などに。

従来の方法では、メスで切開し縫合を必要としていた症例でも、レーザーを用いる事で多くのメリットを得る事が出来ます。

審美歯科に。

歯肉のメラニン色素沈着除去 や、補綴物により歯ぐきが黒くなってしまうメタルタトゥー(黒染を改善します。)

口内炎治療に。

お口の中や唇にできる口内炎の痛みは、レーザーで和らぎ、治りも早くなります。