メタルフリー治療

メタルフリー(ノンメタル)治療とは

詰め物や被せ物・土台にいたるまで、一切、金属を使用しない歯科治療。

「メタルフリー治療」は、詰め物や被せ物、土台にいたるまで、一切、金属を使用しない歯科治療のことです。セラミックやグラスファイバーなどを使用する「メタルフリー治療」は、歯科材料や接着材の進歩などにより、これまでのような保険治療で使用する歯科用金属では出来なかった仕上がりが可能となっており、審美的にも優れ、身体にも安全です。

歯科用金属の影響について

歯科用金属による「金属アレルギー」について。

詰め物や被せ物、土台などに使われている歯科用金属がイオン化・溶出する事で、アレルギー症状がおきることがあります。いくら鉄は強度があると言っても、風雨によって腐蝕するように、丈夫な金属であっても、「口腔」という過酷な環境によって変化を起こすのです。例えば、歯磨粉には、合成界面活性剤や研磨剤が入っています。これも、溶出が促進される原因のひとつと考えられます。

アマルガム

保険治療で使用されます。

アマルガム充填は50パーセントの水銀を含む有毒な詰物です。
アマルガムから放出される水銀を吸い込んだり、粘膜から吸収されることにより水銀が体に蓄積し悪影響を及ぼしている可能性があります。
アステック歯科ではアマルガムの最新情報や知識を患者さまに伝え、安全に除去する方法をおすすめしております。

金銀パラジウム合金

保険治療で使用されます。

金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、イリジウム、インジウム、すずなどを含んでいます。これら重金属を含む金属は、口の中で腐食し、長い年 月をかけて体内に取り込まれていきます。

銀合金

保険治療で使用されます。

銀イオンが溶け出して歯ぐきが黒ずんでしまう場合があります。
また金属アレルギーの心配があり、弾力性にも欠ける為、歯の根が割れてしまう場合(歯根破折)があります。

お口の中で発生する 「ガルバニー電流」の影響について

歯に詰められた、種類の違う金属間に発生する口腔内電流(ガルバニー電流)は、頭痛、肩こり、不眠、イライラなどを引き起こし、自律神経に影響を与えるようになります。歯の金属によって発生する電流が、脳や心臓をはじめ全身に悪影響を及ぼします。脳は微弱な電流によって全身をコントロールしています。口は脳に近いので、ガルバニー電流によって脳からの指令が混乱する原因にもなってくるのです。

「電磁波」の集積について。

歯科用金属は、電磁波を集積するという報告が多くされています。歯の金属は、それ自体が、パソコンや携帯電話などの電化製品から発生する電磁波のアンテナとなって、身体に不調をもたらすことがあります。電磁波過敏症と診断された人の、歯の金属を除去すると、多くの症状が改善されたり、治ってしまったりすることがあります。

メタルフリー(ノンメタル)治療とは

メタルフリー治療(ノンメタル治療)では、詰め物、被せ物から、土台に至るまで、全てにおいて歯科用金属を使用しません。
このことにより、金属アレルギーの心配も無くなり、また、審美性も格段に高まります。

ハイブリッドレジン

セラミックとプラスチックの混合物。金属を用いていないので金属アレルギーの心配はありません。プラスチックの性質も有しているので変色の可能性は有ります。審美性はオールセラミックより劣ります。

オールセラミック

素材は全てセラミックだけで出来ており、非常に審美性に優れています。昔は固いため割れやすく、奥歯には適さないといわれていましたが、現在は素材の改良と進歩で、奥歯でも問題なく使用できます。金属アレルギーの心配もありません。また、オールセラミックは多数歯のブリッジ治療にも対応可能です。

ファイバーコア

保険適用の、硬い金属のコアと比較すると、適度な「しなり」により、歯根破折(歯の根っこが割れてしまう)のリスクを減らすことができます。また、オールセラミッククラウンなどと組み合わせて使用すると、透明感が出て、より美しい歯に仕上がります。また、金属ではないので、金属アレルギーの心配もありません。